自分にぴったりの美白化粧水の選び方

  • 美白化粧水の成分の違いとは

    • 美白化粧水には色々な種類が発売されています。ですが、成分がかなり細分化されており、どの成分がメインのものを選べばよいのか悩むこともあります。そこで、美白に使用される成分の違いを紹介します。

      独自性の高い化粧水の美白に出会えて満足です。

      ポイントは、自分の目的に合わせて選ぶことです。


      美白成分には主にビタミンC、トラネキサム酸、ビタミンE、ビタミンB群、ハイドロキノンなどがあります。

      毎日新聞関しての情報探しを行うならネットが便利です。

      このうちトラネキサム酸とハイドロキノンは長く医療薬として使用されてきた成分です。
      化粧水に配合されやすいのは、ビタミンCです。理由は安価なことと、水溶性であること、副作用が起こる可能性が低いことがあげられます。


      ビタミンCは抗酸化作用が強く、肌のターンオーバーを整える効果があるため色素が沈着する前に肌が生まれ変わることを補助します。



      ただし薬剤ではないため、栄養を十分にとり、肌の大元であるたんぱく質を食事から摂取する必要があります。

      他のビタミンも同様で、身体を構成する成分をしっかり摂取してこそ効果が発揮されます。
      トラネキサム酸は肝斑やシミに効果があるといわれています。メラニンの生成を抑制した結果の美白なので、こちらに関しても肌のターンオーバーを整える成分をきちんと摂取しましょう。
      ハイドロキノンは話題の成分のなかでも強力な部類です。沈着したメラニンにも働きかける成分で、スポットタイプで使用されることの多い成分です。

      あまり濃度の濃いものだと白斑が出てしまう可能性もあるため、医薬品を使用する場合は医師の指導の下使用しましょう。


      化粧水に使用される濃度であれば刺激が少ないことが多いですが、パッチテストを行い自分の皮膚に合うか確かめることをおすすめします。